ゆしま歯科久米川

042-306-2540

ゆしま歯科久米川

MENU

ブログ

Blog

歯を失ったときの3つの治療法は?


 

①インプラント 自費治療

 

歯を失った部分にチタン製の人工の歯の根を埋めて、その上に歯を被せる治療法です。

この方法により歯があった時よりも噛めるようにします。

ガッチリ固定され、違和感は無い。ただし骨を削らなくてはならない。

メリットデメリット

○健康な隣の歯を削る必要がない。

○自立している周りの歯に負担をかけず、長持ちする。

○噛む力や食感は天然歯以上。(11割)

○外科手術が必要。

○治療費が高い。

○治療期間が長い。

○あごの骨がやせている方には骨の再生療法が必要。

 

②ブリッジ 保険治療&自費治療

 

ブリッジとは、抜けた歯の部分をダミーで作り、両側の歯を削り、

橋にして固定し支える方法です。

ガッチリ固定され、違和感は少ない。

ただし治療箇所を選び健康な歯を削らなくてはならない。

メリットデメリット

○ガッチリ固定され違和感が少ない。

○噛む力は天然歯に比べ7割。

○支台歯を作るため健康な歯を削る必要がある。

○支台歯への噛む力の負担が増える。

○後ろに歯がなければ適応されない。

 

③部分入れ歯 保険治療&自費治療

 

入れ歯とは患者さんご自身で口の中に出し入れができ、

歯茎と同じピンク色のプラスチックの土手と白い歯がついているものです。

取り外しができるのでお掃除が楽で適応範囲は広い。

メリットデメリット

○歯をあまり削らないですむ

○適応が広く、ほとんどの場合この方法で対応できる。

○外れやすく違和感が非常に強い。

○完成してから慣れるまでは何度か調整が必要で、通常1か月ほどかかる。

○噛む力は天然歯に比べ3割程度。

○バネをかける歯に負担がかかる。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ